TOSS向山型による子どもに分かりやすい授業のコツや学級経営の基礎基本が学べます。

国語会場

国語会場

テーマ
「国語の授業の教材研究の仕方、子どもが熱中する授業の作り方が分かる 

 ―あなたの国語授業を徹底サポート すべての講座にテキストなどの充実の資料がついてくる!― 」

国語の授業の進め方が分かる!教材研究の仕方や発問の出し方、子どもが熱中する1時間の授業の流れ、単元の構成など、基礎から発展までこのセミナーで紹介します。

会場
岡山市内

日時
2018年4月21日(土)

講師
甲本卓司氏他

講座案 
※講座の変更はご了承ください。

13:30~14:20(50分)

講座1  基本的な授業のパターンを作ろう

国語の授業をどう進めていけばいいのかわからないという声を
よく聞きます。指導書のように進めても、子どもは熱中しません。
1時間の流れをどう作るか。
1単元の流れをどう作るか。
有名教材を使って、そのパターンを考えてみましょう。

(1)物語教材編   低学年「スイミー」  14分         コメント3分   
(2)物語教材編   高学年「海の命」  14分          コメント3分
(3)説明分教材編  中学年「すがたをかえる大豆」 13分     コメント3分

14:30~15:10(40分)

講座2  国語の教材研究の方法を学びましょう

みなさんは、どのように教材研究をしていますか?
指導書を見ても子どもたちが熱中するような授業はできません。
討論がいつまでも続く、子どもたちが何ページも自分の意見を書く。
そのような授業をする先生は、どんな方法で教材研究をしてきたのでしょうか。
どの部分をとりあげるのか?
どのように発問を作るのか?
教材研究のやり方を学ぶ講座です。

15:20~16:00(40分)

講座3 できない子をどうするか クリニック講座

① 音読が上手にできない    10分     コメント3分 
② 漢字がなかなか覚えられない 10分     コメント3分
③ 作文がほとんど書けない   10分     コメント3分

どうやって苦手な子に指導すればいいのか。誰でも悩むことです。
どのような方法で指導すれば 子供たちができるようになるのか
対策を考えるクリニック講座です。

申込はこちら↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/60efa012135771

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional